ヨガ8支則

 

ヨガ8支則
パタンジャリは「ヨガ・スートラ」において、ヨガの実修を8段階に分けて説明しました。
この「8支則(アシュタンガ)」は実践的・具体的なステップであり、順を追って学んでいくことで、それぞれの段階に応じた成長を遂げることができるというもの。
心がけに始まり、アーサナやプラーナヤーマなどの肉体的な行為を経て、心や精神を鍛錬する段階へ。
最終的には万物との一体感を味わい、無我の境地に達します。

 

YAMA(ヤーマ)

・周囲への行ない
日常生活において慎むべき禁戒。
「無用な暴力を加えないこと」「嘘をつかずに正直であること」「他者の物 や時間、喜びなどを不等に盗まないこと」「性的衝動に走らないこと」「執着を捨てること」
の5つの道徳律によって成り立っています。平和で調和的な世界をつくるためには、周りとどう関わるべきかを教えてくれています。

 

NIYAMA(ニャーマ)

・自らに対する行い
自分自身の生活態度についての規律。
「心身を清浄にすること」「与えられた環境を受け入れること」「鍛錬を重ねること」「聖典を読み学習すること」「祈ること」の5つから成り立っています。
アシュタンガヨガでは、アーサナと呼吸の実践が思考を明晰にし、「ヤーマ」と「ニャーマ」を意識できるようになるとしています。

 

ASANA(アーサナ)

・ポーズの練習
呼吸とともに体を動か し、心に対する意識を高めるためのポーズ。
「アーサナ」はサンスクリット語で「座法」を意味します。本来ヨガにおけるアーサナとは、瞑想のための行法でした。
アシュタンガヨガでは、決まった順序でのアーサナを練習することが「プラーナヤーマ」と「ディヤーナ」の準備にもなるとしています。

 

PRANAYAMA(プラーナヤーマ)

・呼吸のコントロール
息を吸い、吐き、止めるという行為を高度な形でコントロールする方法。
これはプラーナ(生命エネルギー)の動きをコントロールすることであり、心身の健康と調和が育まれるものです。
アシュタンガヨガではポーズに呼吸を合わせるのではなく、呼吸にポーズを合わせます。
意識を集中すべきなのは体の動きではなく呼吸 なのです。

 

PRATIYAHARA(プラティヤーハーラ)

・感覚を鎮める
「アーサナ」や「プラーナヤーマ」を行っていても、心は絶えず周囲に惑わされ、さまざまなことを考えてしまうのです。
内なる意識に集中して心の動きを安定させ、感覚をコントロールするのが「プラティヤーハーラ」です。
アシュタンガヨガでは、心を呼吸のリズムに引き戻すことで「プラティヤーハーラ」の訓練をします。

 

DHARANA(ダーラナ)

・集中
雑念を取り払い、心の焦点をある特定の場所に集中させること。
アシュタンガヨガでは、アーサナと呼吸、ドリスティ(視点)にのみ意識を集中し続ける状態をいいます。
この段階に来ると、あてどない思いや周囲の音、身体的な痛みなどに 心を悩まされることがなくなります。

 

DHYANA(ディヤーナ)

・「ダーラナ」で会得した特定の場所への集中が持続し、その対象と同化し、意識全体に広がっていくこと。
アシュタンガヨガでは、一連のアーサナの間ずっとプラーナが淀みなく流れ、呼吸が乱れなくなり「動く瞑想」の状態になります。
「ディヤーナ」は「禅」の語源でもあります。

 

SAMADHI(サマーディ) 8

・解説
「サマーディ」はヨガの最終段階であり最終目的です。この地点まで登り詰めた人は、すべてを見渡すことができると言います。
自我の認識領域を超え、万物との一体感を味わう「梵我一如」の状態です。
あらゆる束縛から自由になり解脱する、悟りの境地です。